資金お金に関して役立つ情報

事業ための資金と言えば、ビジネスローンや事業融資をしている銀行、日本政策金融公庫、信用金庫、貸金業者などです。

 

ただ事業資金と生活費は、個人事業主や零細企業にとっては区別が殆どありません。

 

事業資金が足りなくて、ビジネス資金の融資も受けることができない場合は、生活費を回して、事業資金にするという事もあるでしょう、

 

そうすると今度は、生活費が足りなくなるわけで、生活資金はまた別の借り方があるわけです。

 

ですから、事業資金だけでなく個人のお金として借りるための情報も知っておく必要があります。

 

また返済が苦しくなった時の借換えなど、単純な融資情報だけでは足りません。

 

それらを踏まえて、お金を借りることについての役立ちそうな情報を紹介しておきます。

 

資金の調達に困っています。どなたか助言を頂けないでしょうか?

小規模の会社を経営しているのですが、
ここ数年、赤字決算が続いていて、税金・社保等は分納している状況です。売上はそれなりにあるのですが、先払いが多く、支払いが追い付かない状況です。
そんな中、売掛先からの入金が遅れるという事態が生じてしまい、社員の給与や税金等の支払いも難しくなってしまいました。
銀行からの追加融資も現状では難しいと思いますし、審査等の時間を考えても、それを待つ余裕はありません。
まず何よりすぐにでも資金を調達しなくてはならない状況なので、こういった状況でも資金を調達できるような、何か良い方法があれば教えて頂きたいのですが、知っている人いますか?

*著作権・回答は各サイトにございます。

おすすめ借換え銀行カードローン

月々の支払いが厳しくなってきたら早めに借換えを検討すべきです。
借換えに有利な、カードローンの情報や、借り換え専用カードローンについて説明しています。

*著作権・回答は各サイトにございます。

飲食業(CAFE)を開業して1年半が経ちました。

おかげさまで今期は黒字化に成功しました、出来れば5,000万の融資を受け2店舗目をと考えていますが、銀行からは2期が終わったとはいえ
実質1年半しか営業しておらず審査等も出来ないと言われ困っています。
何かいい方法はありませんか?
保証協会、国金等は開業時に利用しており難しく、私自身の保証は大丈夫ですが第3者となると両親は年金生活ですし、兄弟もいません。
勿論、資産もありません。

*著作権・回答は各サイトにございます。

ベンチャーキャピタルなどで融資、資金調達を受ける場合、どのような条件で融資されるのか、経験がある方のお話聞かせて下さい。

*著作権・回答は各サイトにございます。

土日融資可能|休日でも即日融資

銀行のカードローンでは土日申込できるところは殆どない(2018年から0になりました)ので、土日に即日お金が必要な場合は、大手の消費者金融系に申込むのか常道です。以下に紹介している業者では、平日も土日休日も関係なく24時間ネットで申込して無人機でカードローンを受取れば即時キャッシング可能です。但し、多くの場合審査の可能時間が9:00-21:00(業者により多少異なる)ですので、この時間内である必要があります。

*著作権・回答は各サイトにございます。

資金調達

よくブログなどで「xxが〇千万円、資金調達!」みたい記事を見るのですが、実情がよくわからなく、興味を持っております。
よくドラマとかでありがちな「昔は会社の社長をしていてお金持ちだったけど会社が倒産してホームレスになった」みたいなことを考えると、実際、資金調達というのは、借金なのではないかと思っているのですが、どうなのでしょうか?
素人ながら、少しネットで調べてみると、資金調達の方法は、「借金型(社債など)」と「無借金型(エクイティファイナンスなど)」があるようですが。

*著作権・回答は各サイトにございます。

銀行のビジネスローンの借り方

各銀行にビジネスローンがありますが、審査は厳しそうです。
私どもも対前年比売り上げは低下しています。
また、政府が言っているように簡単には零細企業には貸付しないようです。
BKのビジネスローンについてご存知の方のアドバイスをお願いします。
保証協会経由の借り入れはあります。
よろしくお願いします。

*著作権・回答は各サイトにございます。

開業資金調達記事一覧

すでに起業してすいる人にとっては、この世界的な金融危機で、年越しの資金が大変なことになっているかもしれませんね。銀行は、自己資本比率というものがありますので、貸し出している融資金額に対して、自身が自己の資金として保有している金額が、アル一定の割合になっていないと問題になります。貸し出しが増えているわけではないのに、何故貸し渋りがおきるのかというと、すでに融資している事業者が、この漫遊危機や景気後退...

開業資金を事業融資に頼らずに、出来る限り自己資金で間に合わせた方が、独立開業、起業後の精神的な負担もずいぶんと楽だと思います。特に神経質な方は融資をうけて毎月の返済をしていくことを気にやんで結構なストレスとなって、せっかくの独立開業事業を楽しんでやっていけないと思います。独立開業することは大変ですが、楽しいことでもありますので、楽しくやっていけることが成功にもつながると思います。では、自己資金の貯...

飲食業と脱サラの関係は、深く、よくFCラーメン店などで独立開業する人がいます。コンビニなどのパターンもありますね。また団塊世代が退職して、趣味のそば打ちを生かして、そば店を開業するなどというパターンもあり、飲食店開業は人気がありますね。そこで、飲食店開業の場合の資金のちょぅたつについて考えてみたいと思います、なんといっても、開業資金がかかるビジネスですからね飲食店は、最初の店を持つ際の資金が入りま...

トップへ戻る