ママさん行政書士勉強法

行政書士 勉強法

私が実際に行った行政書士試験の勉強方法についてです。これから試験を受ける方の参考になれば幸いです。

行政書士の資格をとって働いて、いつまでもイキイキした女性でいたい

私は仕事をしている自分が好きです。
でも「母親として生きること」は、それ以上にかけがいのないものだと子供を産んで知りました。

家事・家庭管理、子育て、仕事、自分の趣味の時間…。
主人と結婚を約束した時には、まだ漠然としか考えていなかった将来のことを、
子どもを授かった時には、真剣に考えなければいけなくなりました。

いまは日本だけではなく、世界中の女性の大半が、家の外で働いています。 家庭の生活費を補うために働いているお母さんがいちばん多いのかもしれませんが、子どもを持つようになっても、働くことで得られる充実感が目的であったり、また少しくらいは贅沢な暮らしがしたくて、働き続けるママさんも少なくないのではないでしょうか。

私もそうした母親の一人です。
「母親失格とならないよう、子育てをガンバリながらも、 好きな仕事をすることで、いつまでもイキイキとした女性でいたい気持ちもあります。

お腹が少しずつ大きくなり始めた頃から、そんなことをいろいろ考えてずいぶん悩みました。(胎教にはよくないことをしたかもしれません(笑))

考え、考えて出てきた答えは、
「自宅で資格を活かし仕事ができたら、良い母親でいることも、仕事の充実も両方叶うかもしれない」ということでした。

そんな時に知ったのが行政書士という仕事です

行政書士なら自宅で仕事ができますし、子育てをしながら行政書士の勉強も出来ます

そして子どもが満3才で幼稚園に通うようになった年に本格的な行政書士の勉強をはじめ、試験で合格することができました。

私と同じように、子育てをがんばりながら行政書士の勉強をする方に、少しでもお役に立てればと思います。

私が感じた行政書士の勉強法や仕事について紹介していきます



※行政書士の勉強をする上で試験の難易度を理解することが重要です。
以下の違った視点から行政書士の難易度を解説したサイトがあります。
とても参考になりますよ!
行政書士試験の難易度は?